“得るは捨つるにあり” マーケット構造分析 【クラーケン・インテリジェンス】

今日の個人投資家は、かつてないほど多くの投資情報とツールを手に入れている。 しかし、無料のチャートツールや手数料無料のトレードが多くの投資家にとって励みになる一方で、金融市場における中間業者が取引執行面で影響力を持ち続けており、既得権益層に有利な構造は変わっていないようだ。 実際、いつ、どのようにあなたが自分のマネーをリスクに晒しているのか、理解することは簡単ではない。 クラーケンのリサーチ・チームである「クラーケン・インテリジェンス」は、伝統的な金融市場に存在する問題と仮想通貨市場の革新性について、分析をまとめた。 クラーケン・インテリジェンスの最新レポートをダウンロードすることで、伝統的な市場における不公平さと年中無休で活動する仮想通貨市場のポテンシャルを学ぶことができる。 さらに、仮想通貨業界における技術的な進歩が伝統的な市場にとってどのようにプレッシャーになるかも考察する。 主なポイント: 取引プロセス・・・伝統的な金融市場では、市場参加者が注文を出す時、注文の執行に対して影響力を持つ中間業者が2、3社も存在する。対照的に仮想通貨市場では、注文は直接取引所の取引板に送られる。第3者が参加者の注文情報で得をする可能性はない。 伝統的な市場の非効率性・・・中央銀行による介入で資産価格が膨張する場合や高速取引によって価格が高騰する場合に見られるように、伝統的な市場はリスクと非効率性を内包している。対照的に仮想通貨市場は、運用資産額にかかわらず全ての人々に平等に機会を与えるオープンソースのコードで成り立っている。 不誠実な中間業者・・・伝統的な市場に参加するためには、ブローカーやアドバイザーなど中間業者に様々なことを依頼しなければならない。参加者を保護するための規制は導入されているが、不誠実な振る舞いは起きてしまう。そもそも取引停止といった仕組みが許容されることで個人投資家は不利な立場に置かれることになる。 トークン化と自動精算・・・ブロックチェーン技術によって透明性や決済スピード、自動システムに改善がもたらされた。コスト削減につながると同時に良心的でない行動を取る機会も減る。 詳しくはクラーケン・インテリジェンスのレポート(英語)をご覧ください ↓↓↓ 「得るは捨つるにあり マーケット構造分析」   ・Twitter始めました!フォローお願いします。 ・クラーケン・ジャパンでの口座開設はこちら

The post “得るは捨つるにあり” マーケット構造分析 【クラーケン・インテリジェンス】 appeared first on Kraken Blog.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *